副作用は大丈夫?

薬を飲むのですから、副作用がないのかということはやっぱり心配ですよね。
副作用については、まずアフターピルの種類からご説明していきます。
現在日本では、アフターピルは2種類のものがあります。
それは何かというと「ヤッペ法」、「ノルレボ錠」というものです。
このヤッペ法というのは、黄体ホルモンのプロゲステロンを利用して作られたノルゲストレルと、
卵胞ホルモンのエストロゲンを利用して作られたエチニルエストラジオール、
2つの女性ホルモンが混ざったプラバノール錠を使用して避妊をするものです。
このプラバノール錠は本来、月経困難症など婦人系の病や卵巣機能不全など不妊症の治療に使われていたものです。
緊急避妊薬として作られたというわけではないので、中用量ピルであり、女性ホルモンの量も多いため強い副作用があらわれます。
副作用は、強い吐き気や頭痛などです。特に、飲んだ後吐き気に襲われるのはとても辛いですよね。
そのため、現在ヤッペ法はあまり使われていません。
代わりに新しく登場したのがノルレボ錠です。
こちらは、厚生労働省が緊急避妊薬として正式に認められたアフターピルとなっています。
ヤッペ法のような強い副作用をできるだけなくすことで、吐き気もほとんどなく、女性の体にも負担がかかりにくくなりました。
また、ヤッペ法が72時間以内に2錠飲んだ後、12時間後にまた2錠飲まないといけないのに対して、
ノルレボ錠は72時間以内に2錠飲むだけで避妊が完了します。
そういうこともあって、多くのクリニックではアフターピルが欲しいことを告げるとたいていこのノルレボ錠を処方してくれるようです。