絶対に避妊できる?

アフターピルで気になるのは、絶対に避妊ができるかということ。
妊娠したくないから飲んでいるのであって、もし妊娠してしまっては意味がありませんよね。
アフターピルの成功率は80%。つまり、確実に妊娠することはない!とは言い切れないのです。
それは何故なのかといえば、その人がアフターピルを飲むタイミングが重要なのです。
アフターピルの効果が十分に発揮されるのは72時間以内。その時間の間に飲むことが出来れば、ほぼ失敗することはありません。
しかし、3日すぎてからアフターピルを飲んでも、残念ながら十分に効果を発揮することはできません。
当たり前のことですが、時間が経過するごとに妊娠の確率は高まるので、妊娠した後にアフターピルを飲んでも意味がなくなってしまいます。
アフターピルを飲むなら72時間というタイムリミットはあっても、できるだけ早く飲むことが大切です。
ところで、アフターピルを飲むと体の中でどのような働きをしてくれるのでしょうか。
簡単なイメージでいえば、強制的に生理を発生させる効果があります。
女性なら月に一度訪れる生理は、妊娠しなかった子宮内膜が血液と一緒に体の外へと排出される現象です。
アフターピルを飲むことで、受精卵が子宮内膜に着床する前に子宮内膜を無理矢理剥がしてくれます。
そうすることで、生理と似たような現象が起こるのです。
ちなみに、アフターピルを飲んでから3週間以内、もしくは生理予定日に出血があれば避妊成功なので安心して下さいね。